菊川市社会福祉協議会 ホームへ戻る
 
  
ボランティアセンター

 ボランティアセンターでは、ボランティア活動推進の拠点としてさまざまな事業を企画しています。また、相談も行っていますお気軽にお立ち寄りください。

問合せ ボランティアセンター(プラザけやき内 TEL0537-35-6385)

ボランティア要請講座

いろいろな情報がボランティアセンターに集まります。
ボランティア活動に関する情報提供
…いろいろな補助・助成制度、講座の紹介、ボランティア募集、関係団体からのお知らせなど、さまざまな情報発信を行います。
>ボランティアに関わる最新の情報はこちら

ボランティア活動に関する相談の受付
…福祉活動グループの立上げや活動の中での問題点などさまざまな相談に応じます。

ボランティア育成のための講座の開催 
…活動を行う皆さんのスキルアップや、ボランティア活動を広めていくための講座などを開催しています。

ボランティア活動保険加入受付
…活動のなかで起きてしまった不測の事故などに対応するため、保険の加入をお勧めします。

>ボランティアセンターに登録されているグループ・団体はこちら
>演奏やダンスなどのボランティアはこちら 

ボランティアはじめの“一歩”
 「何かをしてみたい」というあなたの“思い” そこから具体的な活動が見えてくるかもしれません。その活動はきっと暮らしと街を元気にします。さあ、動き出しましょう!

ボランティアって…
・すべての人がさまざまな形で活動できます!
・私たちの生活や、文化などを豊かにするために大きな力となっています。

自発性

「ほっておけない…」、「よしっ やろう!」、「なんとかしなくては…」など、心からわき上がる思い

公益性

「誰もが安心して生活できる社会」を目指す

無償性

「交通費・材料費等以外は無償の活動」
金もうけでなく「人もうけ」

開拓性

「地域の人々が必要とする活動」を行い、解決しようとする
 

活動するときに…
(1)がんばりすぎない
…回数や内容は慣れたら増やすと長続きします。

(2)相手の考えを聞いて、相手の気持ちを考えよう
…自分の都合ばかりを言っては、相手の人が困ってしまいます。また、自分が考えたことを勝手にやったらみんなが困ってしまうかもしれません。

(3)活動する所や内容をよく理解していますか?
…いろいろな場所でいろいろな決まりごとがあります。活動の内容をよく確認しておきましょう。

(4)活動の反省をしましょう
…「今日はどんなことができたかな?」と振り返ることが大切です。

(5)信頼関係を築きましょう
…「する人」、「される人」上下関係では信頼関係ができません。同じ立場で接しましょう。

(6)活動を周囲の人たちに広めましょう
…家族や学校、地域の人に伝え理解を得ると活動はスムーズになります。また、あなたの活動に共感する仲間の輪が広がっていくかもしれません。

(7)秘密保持は厳守
…活動で知った個人のプライバシーについては、誰にも話してはいけません。互いに信頼しあえるための基本です。
普段の暮らしの幸せ
頭文字を合わせると「ふくし」
 「普段の暮らしの幸せ」を考えるのが“福祉”です。誰かのことではなく、あなたを含めたみんなの生きがいやくらしやすさなどをいっしょに考え、“幸せ”の実現に向けて活動していきましょう
  

ボランティア活動保険のお知らせ
 ボランティア活動は奉仕の心で行う大変意味のあるものです。しかし、活動中に思わぬトラブルが起こるかもしれません。「大切なものを壊してしまった…」、「人に怪我をさせてしまった…」、「自分が怪我をしてしまった…」など、せっかくの活動に「安心して」取り組めるように保険をかけておきませんか?
 申込書はボランティアセンターや社会福協議会窓口で配布しています。  

補償期間
 加入日の翌日~3月31日(年度末)
申込・問合せ
 申込書に必要事項を記入し、ボランティアセンター(プラザけやき内 TEL0537-35-6385)へ(申込時に印鑑をご持参ください。)

保険料や補償内容など詳しくはこちら
 >「ふくしの保険」ホームページ

配食サービスボランティア「ひまわり給食 ひまわりの会」の皆さん